Books

管理者が実際に読み推薦する本です。
ぜひ画像をクリックして買っていただけると嬉しいです。

増補 アニメーターズサバイバルキット

アニメーターズ サバイバルキット

国内海外問わず、最初に買う本と言われたら第一に挙がるといっても過言ではない有名な本。
実際に内容は申し分なく、アニメーターを目指すなら必須です。iPad版もあり。


ディズニーアニメーション 生命を吹き込む魔法 ― The Illusion of Life ―

命を吹き込む魔法 – The Illusion of Life –

こちらも超有名なアニメーション本です。
アニメーション技術解説と言うよりはディズニーの歴史、
編み出した技法、キャラクターへの情熱に重きを置いた内容となっています。


キャラクターアニメーション クラッシュコース!

キャラクターアニメーション クラッシュコース!

ディズニーのスーパーバイジングアニメーターを務めるエリック・ゴールドバーグ氏の本です。
キャラクターの感情、演技についても詳しく解説しており、ジョン・ラセター氏も推薦しています。


リズムとフォース : 躍動感あるドローイングの描き方

リズムとフォース

3Dアニメーターもアナログが必要で、1本の線から力の流れを感じるドローイングは躍動感があり、説得力のある絵、魅力のあるアニメーションになります。
アナログに慣れておくと今後のアニメーター人生で大きな糧になります。


グレン・ビルプのドローイングマニュアル

グレン・ビルプのドローイングマニュアル

解剖学を基に詳しく人体の構造、シンプルな線の書き方を網羅しています。
がっつり解剖学とはいきませんが、基本的なことを押さえておきたいのであれば十分かもしれません。


Cartoon Animation (Collector's Series)

CARTOON ANIMATION

2Dメインで元ディズニーの方が書かれた本です。かなり古い本ではありますが、手元に置いていても損はないでしょう。しかし英語なので注意を。


The Human Figure in Motion (Dover Anatomy for Artists)

The Human Figure In Motion

これもかなり昔の本ですが、背景にグリッドを置いて連続写真を撮影しているので人の動きがとてもわかりやすく載っています。大人だけじゃなくて子供もありますので役に立つと思います。
ドローイングにも使おうと思えば使えますよ。


Animals in Motion (Dover Anatomy for Artists)

Animals In Motion

こちらは上記のHumanの動物バージョンです。


トム・バンクロフトが教える キャラクターに生命を与える技術

トム・バンクロフトが教える キャラクターに生命を与える技術

「美女と野獣」「ライオンキング」「アラジン」「ポカホンタス」「ムーラン」「ブラザー・ベア」などの数多くの映画に参加されてるアーティストです。
キャラクターにどうやって生き生きとした生命を与えるのかを丁寧に解説しています。


ロン・ハズバンドが教えるクイックスケッチ 瞬間を描きとめる:アーティストのデイリートレーニング

ロン・ハズバンドが教えるクイックスケッチ 瞬間を描くとめる:アーディストのデイリートレーニング

ディズニーのレジェンド、ロン・ハズバンドが描いた日常の生活風景を大量に見ることができます。
3Dアニメーターといえど、スケッチはしていた方が絶対に良いです。
技術を教えるというよりはどういうところに注意しながら描いていたかなどの軽いメイキングのような本になっています。


スカルプターのための美術解剖学 -Anatomy For Sculptors日本語版-

スカルプターのための美術解剖学

モデラーに大人気のシリーズ。しかしアニメーターも解剖学は学んでおきましょう。
解剖学をないがしろにしてスケッチを先にすることも多いと思いますが、人間の構造を分かっていない状態でスケッチ、ドローイングはあまりおすすめできません。
構造を知ってからスケッチ、ドローイングすると表面ではなく内面から絵が見えてくるのでおすすめです。